• カレンダー

    11 | 2017/12 | 01
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

  • プロフィール

    モッサン

    Author:モッサン
    タイトルは夏目漱石『草枕』の一節。ここは、本業である研究以外の日頃の活動、出会った人々、読んだ本、見た映画などなどをご紹介するブログです。

  • 検索フォーム


2009/09/28(Mon)

パソコン快適化大作戦!その2

 今日はパッとしない天気だった。

 さて、わが家のPC環境を快適化すべく、先週の日曜日は買い物に奔走したところだが、その際に購入したある物がようやくわが家に届いた。

 その「ある物」というのがこちら↓。




 椅子である。

 前の椅子は10年近く使っていた代物。二十代の頃は特に不便はなかったが、三十路を過ぎた頃から、座っていると足と腰に負荷を感じ出し、最近は長時間自宅のパソコンに向かうのが辛いほど。疲れて帰宅してパソコンに向かってまた疲れるという感じだった。4月に入ってこのブログの更新がぐんと減っているのも、実は椅子のせいである(ウソ!)。

 そこでしばらく前から椅子の購入を考えていたのだが、それをようやく実行に移すことができた。新たに購入した椅子は、これが何とも言えぬ快適さ。クッションはふかふかだし、足と腰が楽〜。私は電車の中でもどこでも座ったまま寝るというのが苦手なのだが、この椅子なら座ったままで快眠できそうである。

 いずれにせよ、これで自宅のパソコンに向かう苦が消えた。ディスプレイも合わせて、今回の買い物の支出は決して小さくはなかったが、その価値がある良い買い物をした。わが買い物に一点の悔いなし(ラオウ風)。
Home | Category : My PC |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/09/21(Mon)

パソコン快適化大作戦!その1

 先週は連休前ということで仕事の処理に追われた。仕事の後は、毎日明け方近くまで学会報告用の資料作成。力尽きて机に突っ伏したまま寝る毎日。おかげで腰痛が・・・。

 そんな怒涛の1週間を乗り切った自分にご褒美、というわけでもないのだが、昨日は買い物に出かけた。前々から欲しいな〜と思っていたものをまとめ買いしてきたのである。

 今回購入したものの一つが、こちら。




 三菱電機DiamondcrystaRDT23WM。自宅PC用ディスプレイである。超解像技術を持つディスプレイということで、前々から目を付けていたものである。

 帰宅後、早速組み立てて接続してみた。う〜〜ん、思わずうなってしまうような画面の美しさ。デュアル・ディスプレイで、以前使っていたディスプレイは、サブ・ディスプレイとしてそのまま使っているのだが、較べると違いは一目瞭然。

(旧)ディスプレイ



(新)ディスプレイ



 アナログ映像とデジタル映像の差は、やはり大きい。もともとは買い物リストに入っていなかったのだが、買ってホントに良かった。
 それにしても、WordやとExel、ブラウザを立ち上げて、同時に表示できるのは便利。これで仕事も研究も今までよりずっと効率的に!・・・なるかどうかはもちろん使い方次第である。いずれにしても、自宅のPC環境がだいぶ改善されたことは間違いないだろう。
Home | Category : My PC |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/03/30(Mon)

PC改造 ケースお引越し(後篇)

 下の画像はハナニラ。薄水色の花がきれい。でも、近づくとニラの香りが食欲をそそる。ご近所にて撮影。




 前回のPCケース交換の話の続き。

 旧PCケースからの各パーツの取り外し作業が終わり、続いては新ケースへのパーツの取り付け作業である。この時点で、時計は既に深夜1時を回っている。翌日にまわすか続行するか迷うところだったが、強行。

 取り付け作業は、電源とマザーボードから。この二つの取り付けはスムーズに完了。下の画像は新ケースに取り付けたマザーボード。




 問題はここからである。思うにPCの自作で最もやっかいな、ケーブルの接続を行っていかなければならないからである。PCケースの内部ではいろいろなケーブルが用いられている。中でも、自分が一番苦手なのが、PCケースに使われているジャンパーピンのケーブル(下の画像)。どのジャンパーピンを、マザボのどこにさせば良いのか今だによく分からない。




 従って、ここからの作業は、やはりマザーボードの説明書なしでは不可能。ということで、マザボの説明書を取り出そうと、PC関連の説明書をまとめているクリアファイルの中を探したところ、見つからないのである。何度ファイルを見直しても、ファイルの中の全ての説明書を全て取り出しどこかに挟まっていないか調べても、やはりないのである。ひょっとしたら本に紛れているのかもしれないと、本棚を丹念に探していったが、やはり見つからない。部屋のあちこちを探したがどこにもない。

 「こうなったら、説明書なしでやるか」と思い始めた頃、前回、電源を交換した時に、説明書を読んだことを思い出した。ひょっとしたら・・・と思い、押入れの中に置いてある電源の入っていた箱を取り出し開けてみると・・・、「あった♪」。「ふー」と心の底から一安心である。説明書類は、いざというときのために、ちゃんとファイリングしておかなければいかんな〜。反省である。

 説明書を探すだけでだいぶ時間が経っている。再び作業続行である。説明書を見ながら、ケーブルをマザボにさしていく。といっても説明書が英語なので、説明書でケーブルのさし位置を確認するだけで一苦労。ジャンパーピンは細かいので、説明書で確認した位置をマザボで再確認するのも骨が折れる(下の画像)。




 こんな作業をずっと続けていたら、きっと目が悪くなるんだろうな〜? これ以上目が悪くなったらどうなるんだろう(私の視力は左右とも0.03)? などと思いながら細かな作業を進め、なんとかPCケースとマザボを接続。




 そしてHDDと光学ドライブを設置、固定。




 最後は電源、マザボ、HDD、光学ドライブをそれぞれケーブルで接続し、引越し作業はようやく完了である(下の画像)。




 引越しが終わっても、作業はまだ終わらない。今回は合わせて次の作業も実施する。
 ?フィルターの取付け・ファンの増設
 ?メモリーの増設

 まずは、サイドカバーにほこり防止用のフィルターを取り付けた。画像を見ると分かるように、サイズが合っていない(笑)。今思えば、こういう所に今回の計画の甘さがよく出ている。


 

 ファンは120mmサイズを2台増設した。下の画像上方が増設したファン。これまたサイズが合っていない(笑)。 




 メモリーは、PQ1社のTurboシリーズ1G×2を購入した。ヒートシンク着きメモリーを使うのは、これが初めてのこと。今までのメモリーよりも何だか格好良い^^。




 こうしてPCのお引越しとその他諸々の作業は終了。蓋を開けてみれば、予想以上に大がかりで大変な作業となった。そもそも、自分はPCケースの交換など楽にできるだろうと考えていた。でも前の記事にも書いたように、よくよく考えてみれば、PCケースの取り替えに伴う作業は、PCを自作するのとほとんど同じ。CPUの取り付けがないぐらいだろう。作業量を完全に見誤っていた。その他、ファンとフィルターのサイズを誤るは説明書をなくすはと、やたらと苦労する改造となった。計画の甘さを反省するばかりである。

 と、反省ずくめの今回の改造だったが、完成した新PCはというと、下の画像。苦労した甲斐あって、ファンのブルーライトが何とも近未来ちっくで、格好良いPCに生まれ変わった。何はともあれ良かった良かった、ということで今回の改造レポートは締めくくりたい。





Home | Category : My PC |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/03/27(Fri)

PC改造 ケースお引越し(前篇)

 下の画像は、何だか眩しさを感じるようなキンセンカ。自宅近くにて撮影した。




 さてさて、わが家のPCは電源を取り替えたばかり。でも静まることのない私の改造魂。つい先日、前々から考えていたPCケースの交換を行った。というわけで、今回と次回の2回に分けて、その時の模様をお伝えする。

 下の画像が、新たに購入したPCケース。COOLER MASTER社のCenturion590である。




 基本性能は次の通り。

 ケースサイズ (W)207 x (H)450 x (D)509mm
 対応マザーボード ATX, MicroATX
 5.25インチベイ 9本
 3.5インチベイ 1本
 3.5インチシャドウベイ 4本
 システムファン フロント:120x120x25mmx1, 1200rpm, 17dBA
 システムファン リア:120x120x25mmx1, 1200rpm, 17dBA
 IOポート USB 2.0x2, IEEE 1394 x1, MIC x1, SPK x1 (supports HD / AC’ 97 Audio)

 さらにシステムファンについては、サイドとトップに140mmを2台ずつ、フロントに120mmを1台ずつ追加することができる。水冷ファンも利用可能。改造のし甲斐のあるPCケースである。


 下の画像は、ケース裏側と内部。




 というわけで、今回は旧PCケース内のパーツを、新しいPCケースに移転する作業、いわばPCの引越しを行った。主な手順と移転するパーツは次の通り。

?パーツの取り外し作業(旧PCケースから)。
・電源
・マザーボード(サウンドカード→グラフィックボード→マザーボード本体)
・光学ドライブ
・HDD
?上記パーツの取り付け作業(新PCへ)

 このように整理すると単純な作業にも思えるが、?にCPUの取り付けが加われば、PCを新たに組み立てる時と全く同じ作業となる。?のパーツの取り外し作業にかかる手間を考えると、新しいPCを組み立てる時より手間のかかる作業といえるのかもしれない。久しぶりに大掛かりな改造である。


 まず取り掛かるのは、?の作業。古いPCケース内のパーツを一つ一つ取り外す作業である。電源→マザーボード→光学ドライブ→HDDの手順で取り外す。




 電源を始めに外すのは、作業効率から。つまり電源が残ったままだと、他のパーツを外す時に電源ケーブルが邪魔になる。また、他のパーツを一つ一つ取り外す時に、その都度パーツに接続されな電源ケーブルを抜かなければならないのは手間だからである。最初に全パーツの電源ケーブルをまとめて外しておいた方が、後の作業が楽なのだ。ということで電源の取り外しにかかったが、これは簡単な作業。スムーズに完了。

 次はマザーボードの取り外し。マザボはいろいろなパーツとケーブルで繋がっている。電源と同じように、やはりマザボも早い段階で取り外しておいた方が良い。

 また、作業に慎重さと丁寧さが求められるのも、ここからである。マザーボードにグラボとサウンドカードが接続されているので、まずこの2つを離脱。そしていよいよマザボ本体の取り外し。マザボはちょっとした傷が致命傷になりかねないので、神経を使う。光学ドライブやHDDと繋がるSATAケーブルを外し、PCケースのUSBやファンなど各種ケーブルも離脱。後はマザボを固定するボルトを外し本体を取り出して、この作業は完了である。

 ここまでくれば、後の作業は楽である。PCの組み立てで一番厄介な作業は配線関係だが、この時点でケーブルの多い電源とマザーボードをすでに取り外しているからである。光学ドライブとHDDをサクッと取り外して、とりあえずは?の作業は終了である。

 下の画像は、古いPCケースから取り外した各パーツ。左上から時計回りに、電源→グラボ(下)・サウンドカード(上)→光学ドライブ・HDD・その他→マザーボード





 こちらは、空になったPCケース。




 ここまでかかった作業時間は約1時間。思った以上に時間がかかってしまった。ただ、組み立てにはトラブルもあって、さらに倍の時間がかかることになるのだが、この記事も長くなってしまったのでとりあえずここで終了し、組み立ての話は後編にまわすことにする。
Home | Category : My PC |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2009/03/01(Sun)

PC改造 電源の交換!

 下の画像はオウバイ。花の形が梅に似ているので、漢字では「黄梅」と書く。でも、モクセイ科の花なので、バラ科の梅とは関係はないとのこと。自宅近くにて撮影。




 今日から3月。2月最後の日となった昨日は、休日の土曜日。引き締まるような一昨日の寒さと較べると、比較的暖かな一日であった。

 午前中は洗濯、掃除、アイロン掛け、靴磨きなどをしながら自宅で過ごしたが、昼過ぎからお出かけ。海浜幕張シネプレックスで『チェンジリング』を鑑賞してきた。1920年代後半のロサンゼルスで実際に起きた、連続少年誘拐殺人事件の実話を元に作られた作品。詳しい感想はいずれ映画ブログに書くが、事件そのものはもちろんとして、当時のロス市警の不正がなまなましい。面白い作品だった。

 さて、今回の話題は映画ではない。本題はこれからである。映画鑑賞の後、買い物をして帰宅。買った物というのが下の画像。




 デスクトップPC用の電源である。以前書いたように、電源が不調気味の自宅PC。しばらく前から、電源を入れると再起動を繰り返すという症状が出ていたのだ。その治療をすべく、電源を新しいものと取り替えることにした。

 購入したのは、アクティス社製Turbo GX Power AP-550GX。5980円也。最大出力は550W。以前使っていた電源は350Wだったので、200Wとの出力アップである。

 下の画像が、購入した電源本体。これをPCに乗せ換えるのが、今回のミッションである。




 帰宅した後、夕食をとり、早速作業開始である。

 下の画像は、久しぶりに開けた自宅PCの内部。最初に行わなければならないのは、古い電源の取り外し作業である。画像左上にあるのが旧電源。使い始めて5年以上経つ。これを取り外さなければならない。





 まずは、ニッパを使って電源の各ケーブルを束ねるバンドを切り取り、マザーボード、DVDドライブ、HDDから電源ケーブルを外した。

 外したケーブルは、マザーボードやメモリーを傷つけないよう、PCケースの外へ。





 そして、いよいよ電源の取り外しである。PCケースと電源を固定する4本のボルトを外し、取り出す時にケーブルがマザーボードの上に落ちないよう注意しながら、無事古い電源の取り外しに成功。下の画像が、取り外した旧電源。画像では分からないが、旧電源のファンは側面に付いている。最近の電源は、ファンが底面部に付いており、しかも大きい。古い電源の冷却力がいかに悪かったかということが分かる。





 古い電源を取り外した所で、ようやく新しい電源の取り付け作業である。まず、電源本体をPCケースの中に入れ、ボルトで固定(下の画像:左)。下の画像(右)は電源固定後のPC内部。





 続いては、ケーブルの接続である。マザーボード、HDD、DVDドライブへと電源ケーブルを繋いでいき、接続完了。ケーブルがかなり余ってしまったので、これを結束バンドで束ねて全作業が完了である(下の画像)。





 蓋を閉じ、ディスプレイやRANケーブルなど外部接続を繋ぎ終えたら、いよいよドキドキのスイッチONである。いつものように祈るような気持ちでスイッチを入れると、無事ウインドウズが起動、再起動は・・・・・・起こらず。やったー!! 電源を入れた後に起こる再起動の繰り返しについて、電源の不調が原因だという予測はしたものの、実は確証がなかったのだ。正直なところ、本当に治るんだろうか?という不安もあったので、「ふー」と一安心である。

 ということで、改造は大成功である。作業そのものも、「何か忘れていないか?」と不安を感じるぐらい順調に進み、30分ほどで終えることができた。腕が上がったかしら?と調子に乗ると、思わぬミスをしてしまうので、ここは自重しなければ。いずれにしても、無事電源を交換。次は以前書いたメモリーの増設の他に、PCケースの交換を行いたい。
Home | Category : My PC |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/02/03(Tue)

2009年度 PC改造計画 その1

 最近、熱帯植物ばかり掲載していたが、たまには別の植物をと思い撮影したのが下の画像。サクラソウである。その名の通り桜の花のような花の形と色が特徴。ご近所で苗を分け合っているのか、ここ最近自宅周辺のあちこちで見かける。




 さて、11月にHDDの乗せ換えを行ったばかりのわが家のデスクトップPCだが、近々さらなる改造をしようと考えている。というのも、最近、自宅のデスクトップPCが不調だからだ。

 電源を入れるとすぐに落ちてしまう。すぐに再起動するがまた落ちてしまう。何度かそれを繰り返して、ようやく立ち上がるという症状。落ちるタイミングはその時によって異なる。ウインドウズが立ち上がった後に落ちる場合もあれば、立ち上がる前に落ちてしまうという場合もある。

 考えられるのはCPUの熱暴走かマザーボードの故障、あるいは電源の不調だが、再起動時にブルースクリーンが表示されないので熱暴走ではなさそう。また、安定した後は普通に使用することができるので、間違いなくマザーボードの故障ではない。とすると電源の不調が原因ということになる。
 ネットで似たような症例について調べてみると、CPUやHDDを交換するとこのような症状が起こることがあるらしい。CPUやHDDなどの新型のものは旧型のものより消費電力が大きいので、古い電源では十分な電力を供給できず、再起動してしまうのだそうだ。確かにわが家のPCは11月にHDDを交換したばかりだし、最近電源ファンから異音がするなど不調が感じられる。まぁ購入して5年以上経つものなので、電源が原因とみて間違いないだろう。ということで、電源の交換を検討中である。

 合わせて考えているのが、メモリの増設である。自宅PCには現在500MBメモリ×2を装備している。自宅PCのOSはXPなので、1G もあれば十分だろうと思っていたのだが、最近、数時間使っていると、スムーズさがみるみる衰えてくるようになった。実際、使用メモリ数はどのくらいなのだろうかと気になり調べてみたところ、1Gを大きく上回っている。最近音楽を聴くようになったので、作業をしている時も、iTuneを立ち上げ音楽を聴きながら、作業をしていることが多い。酷使し過ぎているのだろうか。いずれにせよ、1Gも増設すれば十分に問題解決できるだろう。

 ということで、サウンドボードや地デジチューナーの増設など、やりたい改造は山ほどあるが、今年のPC改造は電源の交換とメモリの増設から始まる予定。
Home | Category : My PC |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
2008/11/24(Mon)

自宅PC改造:ハードディスクの乗せ換え編

  画像は、ルリマツリ(瑠璃茉莉)。本当は淡い水色が、もう少し鮮やかに見える花なのだが、白っぽくなってしまった。無念である。




 今回は、ちょっとマニアなお話。
 だいぶ前に書いたことがあるが(→詳しくはこちら)、現在私が自宅で使用しているデスクトップPCは、昨年10月に作ったものだ。かなり快適に使っている自宅PCだが、前々から気になっている箇所がある。ハードディスク(HDD)だ。昨年組み立てを行った際、マザボ、CPU、メモリーなど主要な部品を新装したのだが、HDDだけ新装せず、2003年に購入したものをそのまま使い続けているからである。使い始めてはや5年が経ち、いつ壊れてもおかしくない状況なのである。

 そこで、しばらく前から(→詳しくはこちら)HDDを交換しようと計画していたのだが、この連休を使ってようやく実行に移すことにした。

Home | Category : My PC |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/11/05(Wed)

メモリー4Gバイトの快感!

 夜撮影したので若干ボケ気味だが、ヒメツルソバ。近所にて撮影。




 注目していたアメリカ大統領選は、オバマ氏が当選したそうだ。

 さて、大学の研究室では、富士通のFMVLOOX R70Yを使用している。このところ大活躍だったわがLOOXくんだが、ファイルをいくつも開いて、さらにネットを繋いで同時並行的に作業を行おうとすると、1GメモリーでVistaを動かす無理がたたり、悲しいかな目に見えて動きが遅くなる。

Home | Category : My PC |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2008/09/05(Fri)

ゴーヤとgoogle Chrome

 昨日といい今日といい蒸し暑い日が続く。
 
 下の画像は、近所のバス停近くの家に植えられていたゴーヤ。小さな黄色い花が可愛らしい。ゴーヤの花を見たのは初めて。まさか、バス道脇でゴーヤを見かけるとは思わなかった。
 






 一昨日9月3日、gooleがオープンブラウザソフト「Google Chromeβ版」を公開した。早速ダウンロードし、使い心地を確かめてみた。
Home | Category : My PC |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2008/08/20(Wed)

快適PCライフとPC改良プラン

 今日は昼過ぎまで晴れていたが、夕方から曇り始め、東京では一時雨が降った。




 さて、今年のお盆休みは、余り出かけず、自宅で過ごす時間が長かった。そのため、普段は深夜しかいじらないわが家のパソコンは、朝から晩までフル稼働であった。

 実は、去年の秋に組み立てて以来、自宅のパソコンをこんなに動かすのは、初めてのことである。長時間使ったことで、わが愛機には、色々と不便なことや不快に感じることがあるのに気づいた。そこで現在、不具合を少しずつ解消して、パソコンライフを快適にしようと考えている。

 その第一弾として本日、帰宅途中で錦糸町のヨドバシカメラに立ち寄り、購入したものがこちら。



リストレストである。大学で使っているPCのマウス位置に慣れてしまったためか、自宅PCのマウス位置だと若干の違和感がある。ところが、自宅PCが置いてある机の広さと配置の関係で、マウス位置を変えるには少し手間がかかる。少しの違和感だし、我慢すれば良いかと、そのままにしておいたのだが、お盆休みの最中に手首が痛むようになった。というわけで、リストレストを購入したのであった。
 
 ところで、以前の日記にも書いたが、現在、自宅で使用している自作PCは5代目である。去年の秋に組み立てたばかりなので、今の所、ハードそのものに不具合は生じていない。

 ただし、1箇所だけ気になる部分がある。HDD(ハードディスク)である。去年組み立てを行った時、HDDだけは先代の物を、そのまま受け継いでいるのだ。先代のパソコンを組み立てたのは5年前。そろそろHDDが壊れてもおかしくない頃だ。それに、150ギガの容量にも、そろそろ限界が見え始めたところである。

 というわけで、パソコンライフ快適化の他に、もう一つ考えているのが、パソコンの改良である。とりあえず今日は、錦糸町ヨドバシカメラに買い物に来たついでに、HDDの価格を調べてきた。新たに250ギガのHDDを搭載するとして、メーカー品だと1万から1万6千円といったところである。バルク品を確認してみると、こちらは5、6千円といったところだった。予算を勘案すると、今のところは、バルク品が良さそうである。

 ついでに、他の部品も見てみると、去年組み立てた時よりも、メモリの値段が安くなっている。メモリの増設も考えるか・・・。無線LANのルーターや地デジチューナーが1万円台で買えるというのも魅力的である。うーん、夢は膨らんでいくなー♪

 が、財布を開けると、たちどころに現実に引き戻される。やっぱりHDDを増設するだけかな・・・。というわけで、9月に入ったらHDDを増設する予定である。
Home | Category : My PC |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
  1. 無料アクセス解析