• カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

  • プロフィール

    モッサン

    Author:モッサン
    タイトルは夏目漱石『草枕』の一節。ここは、本業である研究以外の日頃の活動、出会った人々、読んだ本、見た映画などなどをご紹介するブログです。

  • 検索フォーム


2009/09/03(Thu)

森見登美彦『四畳半神話大系』(角川書店)

 『四畳半神話体系』を読んだ。

 森見登美彦の小説は、去年読んだ『太陽の塔』に続き2冊目。硬派でそれでいて自虐的なモリミー節は健在である。

 「あの時こうしておけば良かった」と過去の選択の過ちを嘆いた経験は、誰にだってあると思うが、小説の主人公は大学入学時にとあるサークルに入会したことを悔いている大学生。彼は、そのサークルで小津という悪友と出会ったことが、その後の学生生活を惨憺たるものにしてしまったと考えている。じゃー入学時に別の選択していたら、主人公はどう変わったのかということを、並行世界によって表現したのがこの小説だ。

 4章立ての各章で、大学入学時の主人公が異なる選択肢を選んだ場合の物語が展開する。2章以降の各章のかなりの部分が1章のコピーである。2章の冒頭を読み、1章と全く同じだと気付いた時は、製本ミスの不良品を買ってしまったかと思った。コピー&ペーストを巧みに(?)使い、物語の中に見事なパラレルワールドが構築されていく。PCが普及した現代だからこそ可能な物語といえるだろう。

 こうした物語構成の珍しさもさることながら、物語そのものもなかなかである。物語中、とある平行世界で起きたある出来事が、別の平行世界で起こる別の出来事と裏で結び付いていたりする。説明が難しいが、舞台を表からだけ見るのではなく、裏側も覗いて楽しむような感覚だ。一気に読み終えてしまった。ある意味ものすごい手を抜いた小説のはずなんだけど・・・。なかなかお勧めの小説である。



Home | Category : 読書 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/09/03(Thu)

『ニューズウィーク日本版増刊 SPECIAL EDITION 映画ザ・ベスト300』(阪急コミュニケーションズ)

ノリウツギ(小石川植物園、2009年6月20日)



 
 『ニューズウィーク日本版増刊 SPECIAL EDITION 映画ザ・ベスト300』を読んだ。

 『ニューズウィーク』はニュース誌の一つ。昔は定期購読していたが、今は面白そうな特集がある時だけ購入して読んでいる雑誌だ。

 この雑誌で気に入っているのは、日本の新聞やニュースには載らないような国際的な事件記事が多い点や、リベラルな視点で書かれた記事が多い点。そして何より、映画の紹介記事が面白いし、信頼できるのが気に入っている。

 そんな『ニューズ・ウィーク』で、30年に渡って映画評を書いてきたのがデービッド・アンセン。彼が同誌で書いた映画特集記事をまとめ、増刊号として出版されたのが今回読んだ『ニューズウィーク日本版増刊 SPECIAL EDITION 映画ザ・ベスト300』である。

 AFI(アメリカ・フィルム・インスティチュート)が2007年に選んだ「偉大なアメリカ映画トップ100」と、AFIのランキングを疑うべき「常識の塊」であるとして批判するデービッド・アンセンが選んだ200本の名作が紹介された本誌。特に、1960年代から2000年代にかけての名作100本についての、怒涛の紹介記事は圧巻である。記事の一つ一つがウィットに富んで面白いし、それほど長い記事もないので、どんどん読み進む。読み物としてもなかなか楽しむことができた。

 それにしても、人並みに映画を見ているつもりではあったが、名前も知らないような名作が満載である。これを読めばしばらくDVDに困ることはないだろう。


Home | Category : 読書 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/08/05(Wed)

チェーホフ(松本裕訳)『チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集?』(新潮社)

キンロバイ(2009年6月20日、小石川植物園)



 『チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集?』を読んだ。

 タイトルを訳すと、「チェーホフのユーモア話」といったところだろうか。ユーモアはユーモアでも、どちらかというとブラックユーモアの類の小話を掲載した短編集。一話当たりのページ数が短いものだと5ページ、長いものでも10ページ程で、ミニ短編集といったところだろうか。

 思わずニヤリとしてしまうような場面が満載だったが、個人的には、チェーホフの鉄道旅行での体験を綴った「車内風景」が特に面白かった。奇きしくも?私はこの部分を通勤途中の電車の中で読んだが、にやけ顔を通りこして、クックッと声を出して笑ってしまったほどに。私の目の前のボックス席に座るサラリーマンのおじ様方が、一斉にこちらを振り返り、不信の眼差しを向けたことはいうまでもない。公衆の面前で読む場合は、注意が必要である(笑)。

 話によって当たりはずれもあるが、総じて言うなら面白い話が多かったように思う。それにしても、トルストイやドストエフスキーなどの小説もそうだが、ロシア文学の登場人物には、なぜこうも飲んだくれが多いのだろうか。いくらウォッカの国とはいえ・・・。などと読み終えた後も細かい所が気になっている。

 あっ、忘れるところだったが、表紙の絵も気に入ったところの一つ。本棚を彩ること間違いなしである。



Home | Category : 読書 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/31(Fri)

宮崎哲弥『映画365本 DVDで世界を読む』(朝日新聞社)

キリンソウ(小石川植物園、2009年6月20日)



 宮崎哲弥の『映画365本 DVDで世界を読む』を読んだ。

 お茶の間でお馴染みの評論家 宮崎哲弥氏が書いた映画批評。テレビなどでこの人が言っていることには、共感できないことの方が多いが、この本に書かれた「ためになるから」映画を見るという彼の心意気には、共感できるものがある。物語はもちろん、登場人物やそのセリフが、社会、文化、宗教的なメタファーとなっていることは多いし、作品の何気ない場面から、外国の社会状況や外国人の意外な生活習慣を知ることも多い。確かに、映画を見ているといろいろと分かることもあるのだ。

 でも、それだけのために映画を見るってどうなのだろうか。少なくとも自分は、何かを知るために映画を見ているわけではない。自分が映画に求めているものは、心の平安や気分転換、励まし、圧倒されるような精神的な衝動、映像の美しさなどいろいろ。その上で、何かを知ったというのは、おまけ程度のことに過ぎないような気がする。勉強するために映画を見るなら、勉強すれば良いのでは?などと思った。



Home | Category : 読書 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/30(Thu)

オーウェル(高畠文夫訳)『動物農場』(角川書店)

シロアザミケシ(小石川植物園、6月20日)



 オーウェルの『動物農場』を読んだ。

 あらすじ。「人間たちにいいようにされている農場の動物たちが氾濫を起こした。老豚をリーダーとした動物たちは、人間を追放し、『すべての動物が平等な』理想社会を建設する。しかし、指導者となった豚たちは権力を欲しいままにし、動物たちは前よりもひどい生活に苦しむことになる・・・」。

 ロシア革命を風刺し、社会主義を批判したという有名なおとぎ話である。だが、権力を巡る豚同士の対立や、権力闘争に勝利した豚が自らの権力基盤を固めるために行う価値や理念の操作は、何も旧ソ連だけが行ってきたことではない。そうした物語の断片は、アメリカはもちろん、日本を含むどの国の政治の舞台でも見られる。意識的にしろ無意識的にしろ身近な所でわれわれが行っていることでもあるんじゃなかろうか。

 ジェフリー・アーチャーの『運命の息子』を読んだ時に、衆院選前にお勧めの一冊と書いているが、今回読んだ『動物農場』は、そもそも政治って何だろうか、ということを考えるのにお勧めの一冊。後味は決して良くないので、その辺は余り期待しないほうが良い。


Home | Category : 読書 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/23(Thu)

ジェフリー・アーチャー『運命の息子(上・下)』(新潮社)

名称不明(国立科学博物館附属自然教育園)



 蒸し暑い毎日が続く。汗っかきの私は夏が苦手である。秋が待ち遠しい・・・。

 さてさて、つい最近ジェフリー・アーチャー『誇りと復讐』の感想の記事を書いたばかりだが、今回も同じくジェフリー・アーチャーで『運命の息子(上・下巻)』(新潮社)の感想。この本を読むのは2度目である。『誇りと復讐』の興奮が冷めやらず、その勢いを借りて手に取ったのだった。

 『運命の息子』は次のようなお話。

 ある日カートライト夫妻の下に生まれた双子の男の子。その日の夜、ダヴェンポート夫妻が同じ日に同じ病院で授かった男の子は、誰にも知られぬまま命を失った。そして運命のいたずらが起こる。亡くなった男の子と、双子の一人がすり替えられたのである。こうして双子の一人ナットは本当の両親の元で、すり替えられたフレッチャーはダヴェンポート夫妻の元で別々に成長していく。歩む人生は違えど、やがてすれ違うようになる二人。そして、またしても運命のいたずらが起こる。二人が、コネチカット州知事の座を巡るライバルとして再会したのだ・・・。

 二人の主人公を中心とする物語展開はアーチャーの小説ではお馴染みである。二人が協力する裁判は、この前に読んだ『誇りと復讐』に繋がる部分だろう。痛快な場面だった。その後、兄弟であることを知った二人が、一緒に育ったら最高の兄弟になれただろうと認め合う場面は、思わず胸が熱くなる。何度読んでも面白い作品だ。

 ただ、この物語の見せ場は、何といっても選挙である。ちょうど日本では、8月30日の衆院選に向けて本格的な選挙活動が始まろうとしている。物語の舞台であるアメリカと日本の選挙制度はもちろん違っているけれど、街頭演説やビラ配り、テレビ討論など、候補者が票を得るために行っていることは同じ。その裏側で候補者や協力者が、どのように有権者の注目を集め、好感を持たせようとしているか、それをどう票に結び付けようと考えているのかが、この本ではリアルに描かれている。下手な政治学の教科書以上に詳細で、この小説の方がよっぽど政治の勉強になるのではなかろうか。

 選挙前のこの時期だけに読んでおきたい一冊、といったところだろう。もちろん面白いのでお勧めである。






Home | Category : 読書 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/12(Sun)

ジェフリー・アーチャー『誇りと復讐(上・下)』(新潮社)

ブルーベリー(東京都庭園美術館)



 久しぶりの更新。今回も読書の感想である。

 先日、ジェフリー・アーチャー『誇りと復讐(上・下)』を読んだ。

 あらすじ。幼馴染の女性ベスにプロポーズした自動車修理工ダニー。愛し合う二人には、幸せな日々が待っているはずだった。その日の夜、ベスの兄でダニーの親友でもあるバーニーに祝福され、3人はささやかな宴を開く。だが、楽しいはずの祝いの席を、酔っ払った隣客が台無しにし、挙げ句の果てに、バーニーはその隣客に殺されてしまう。そして、その容疑者として逮捕されたダニー。親友を殺されただけではなく、無実の罪で刑務所へと送られ、手にするはずだった幸せな日々を奪われてしまう・・・。

 待ちに待ったアーチャーの最新刊は、青年ダニーの復讐劇である。
 刑務所送りにされた恨みとその復讐と聞いて思い出すのは、ロバート・デ・ニーロ主演の『ケープ・フィアー』。面白い映画だったが、デ・ニーロ演じるマックス・ケイディの凄まじい怨念と狂気が、怖いんだけど目を離さずにいられない、という感じの作品だった。復讐劇と聞くと、私は、そんなドロドロとして血生臭い印象を受けてしまう。

 そういうイメージもあって、「まさかアーチャーとしては珍しいスリラー小説か!?」などと思いながら手に取った本作だったが、「そのまさか」とはならず。復讐劇とはいっても、その方法は法廷において真実を明らかにするということ。法廷を舞台とする駆け引き、あるいは頭脳ゲームには手に汗握らずにいられない。そしてダニーに対するモンクリーフの友情には、心温まり、また各所で「あっ!」と驚かされた。

 というように、復讐劇とはいっても血生臭さなど微塵も感じなかったし、むしろ感じるのは、知性やスマートさ、ユーモア。アーチャーの作品には欠かすことのできない要素といえるだろう。また、伏線の張り方の巧みさも、アーチャーならでは。復讐劇と聞いて、若干気持ちが乗り切らないままに読み始めたが、読んでみれば彼の真骨頂と呼べるような作品だった。上下巻ともにあっという間に読み終わり、読み終えた後、このまま再読したくなった。アーチャーの作品の中では一番好きかも。いや〜、面白かった。デュマの『モンテ・クリスト伯』が元になっているということなので、そちらもぜひ読んでみたい。






Home | Category : 読書 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/06/28(Sun)

灰谷健次郎『兎の眼』(角川文庫)

ランタナ(東京都庭園美術館にて撮影)



 先日、灰谷健次郎の『兎の眼』を読んだ。

 あらすじ。「大学を出たばかりの新任教師・小谷芙美先生が受け持ったのは、学校では一言も口をきかない1年生・鉄三。決して心を開かない鉄三に打ちのめされる小谷先生だったが、鉄三の祖父・バクじいさんや同僚の「教員ヤクザ」安達先生、そして子どもたちとのふれ合いの中で、苦しみながらも鉄三と向き合おうと決意する」(背表紙より)。

 タイトルの『兎の眼』は、西大寺のに置かれている善財童子の美しい目の例えである。そして、美しさとは逆境に抵抗すること。バクじいさんの過去の話を聞いた後、善財童子の美しさとバクじいさんのやさしさを持つことを決意する小谷先生。その決意の通り、頼りなかった小谷先生が教師として、というより人間として成長していく様子が、物語として読ませるところである。

 美しさとは抵抗することだという部分に、ハッとさせられる。始めは頼りなかった小谷先生も、読み進むごとに凛とした魅力的な人物に変わっていく。対象的に考えずにいられないのは、読んでいる自分のこと。間違いなく自分は美しくない部類の人間だろう。逆境に弱いので(笑)。小谷先生を見習わねば!と思った。

 小谷先生と子どもたちとのやりとりは、以前塾で働いていた時の経験を思い出す。自分にも似たような経験があるな〜と、思わず微笑まずにいられなかった。さすがに、カエルの亡き骸が床に落ちているということはなかったが・・・。

 作者の灰谷健次郎が亡くなったのは3年前。以前働いていた塾の同僚に灰谷健次郎のファンがいて、ショックを受けていたのを憶えている。その同僚に薦められていたのを思い出し、手に取ったのが今回読んだ『兎の眼』である。教師や親、役所の職員さんが、善悪二元論的に描かれている所など、疑問を感じるところもあったが、物語としては面白いし爽やかに感動できる。何より人の成長を信じさせてくれるところが、私は好きである。なかなか良い作品だと思った。

 


Home | Category : 読書 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/06/21(Sun)

落合博実『徴税権力 国税庁の研究』(文芸春秋)

 下の画像は、自然教育園で撮影したむらさきしきぶの花。




 さて、今日は珍しく家から一歩も外に出なかった。丸一日家で過ごすのは久しぶりである。部屋に引き篭もって、読書に励む一日となった。

 読み終えてだいぶ経つが、今回は落合博実『徴税権力 国税庁の研究』の感想。

 「徴税権力」というタイトルから、人権侵害すれすれの税務調査に対する告発本であるかのような印象を与えるが、むしろ本の中で描かれるのは、国税庁の情報収集力とそれによって蓄積された情報量など、国税庁の持つ情報力の凄味である。筆者が記者時代に得たという資料や、インタビューに基づく緻密な調査は説得力がある。「へ〜」と思うことたびたび。

 時間がだいぶ経っているので、詳細はかなり忘れているが、なかなか面白い本であった。



Home | Category : 読書 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/06/07(Sun)

宮部みゆき『英雄の書 上・下 』(毎日新聞社)




 宮部みゆきの『英雄の書』を読んだ。といっても、読み終えたのはかれこれ2ヶ月近く前。今回の記事には、その感想をまとめておくことにする。

 昨年の夏に読んだ『ブレイブストーリー』以来の宮部ファンタジーだ。目の前の現実の世界とは別の世界が存在するという多層世界を舞台とした物語設定が、『ブレイブ―』とよく似ている。
 などと、同じ宮部作品ということで、どうしても『ブレイブ―』と較べてしまう。ファンタジー小説に対する私の好みの問題かもしれないが、「『ブレイブストーリー』とどちらが好き?」と尋ねられたら、私は『ブレイブ―』を選ぶだろう。なんというか、『英雄の書』はどことなく窮屈な狭苦しい雰囲気があるのだ。

 この記事を書きながら「あの狭苦しい雰囲気は何だったのだろう?」と思い、『英雄の書』と『ブレイブ―』をぱらぱらめくりながら較べてみた。で、気づいたのが『英雄の書』には「旅」がないということ。
 例えば『ブレイブ―』では、所々に登場人物たちの「旅」の場面が織り込まれている。一方、『英雄の書』には「旅」がない。詳しくは小説をお読み頂くとして、『英雄の書』の登場人物たちは移動を瞬間的に行ってしまうのである。『ブレイブ―』に限らず、ファンタジー小説によくある「旅」の場面は、物語を織り成す様々な場面の一部に過ぎないと思っていたが、実は物語の中の広大な世界を空間的に認識させる重要な役割を果たしてているのかもしれない。そう考えれば、『英雄の書』を読みながら感じた窮屈感も納得がいく。

 なんだか批判ばかりになってしまったが、総じていうならこの小説が面白い作品であることは間違いない。特に、アジェのように本に人格を持たせたところは、なかなかのアイデア。思わず自分の本棚の本たちがいとおしくなってしまった(笑)。それに、物語のベースにある少年犯罪や殺人に対する作者の考え方には、なるほどな〜と思った。宮部作品らしく社会的な問題意識に溢れた作品である。

 上にも書いたが、『ブレイブ―』と較べてしまうと、やっぱり『ブレイブ―』の方が私は好きだ。でも『英雄の書』の方が好きという人がいてもおかしくはないと思う。これはもう「好みの問題」としかいいようがない。ゲームに例えるなら、『ドラクエ』(≒『ブレイブ―』)が好きか『ウィザードリィ』(≒『英雄の書』)が好きかといったところだろう(ゲームを全くやらないのでわからないが、今時『ウィザードリィ』を知っている人っているんだろうか?)。

 それにしても、『英雄の書』は続編を期待させるような終わり方だったが、これは、続編があると信じて良いのだろうか?



Home | Category : 読書 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback4
Home Home | Top Top
  1. 無料アクセス解析