• プロフィール

    モッサン

    Author:モッサン
    タイトルは夏目漱石『草枕』の一節。ここは、本業である研究以外の日頃の活動、出会った人々、読んだ本、見た映画などなどをご紹介するブログです。

  • 検索フォーム


2008/05/31(Sat)

一人映画祭り!?

 本日は『題名のない子守唄』の他に、ケーブルテレビでやっていた2つの映画を鑑賞しております。

 一つは『ブレイブ・ハート』。スコットランドの英雄ウィリアム・ウォレスを題材とした映画です。

 大学生の時に一度観ている作品でしたが、やはり良い映画ですね。美しい景色とバグパイプの音色も楽しめます(^○^)。もちろんストーリーも◎です。

 2つめは『アンブレイカブル』。M.ナイト・シャマラン監督の作品ですね。この監督の作品には、最後のどんでん返しでいつも驚かされますが、今回は他の作品に比べると「驚き」度が弱いかもしれません。 

 逆にいうと『サイン』や『ヴィレッジ』では、驚かせようという魂胆が見え見えで、どんな風に驚かせるのか身構えながらの鑑賞となりましたが、この作品では、そういう意図も感じられず、淡々とストーリーだけを楽しむことができる作品だと思います。

 また、その後、主人公たちがどうなっていくのか気になります。ぜひ続編を作ってもらいたいと思う作品でした。

 どちらの作品も、感想の詳細はこちらに書きます。⇒ 「私の研究日記(映画編)」

 今日見た映画は合わせて3本。映画祭りのようですね。どれも大満足の作品でしたが、さすがに今日はお腹一杯という感じです(^_^)。
Home | Category : 映画 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/05/31(Sat)

「母性」とは何か?『題名のない子守唄』

 日本で、昨年9月に公開された『題名のない子守唄』のDVDが、昨日ようやくリリースされたました。一度映画館で観て以来、待ちに待っていたDVD化。早速購入し、本日帰宅後すぐに観ました。

 監督は大好きなジョゼッペ・トルナトーレ。『ニュー・シネマ・パラダイス』や『海の上のピアニスト』同様、ストーリーと音楽に魅せられました。最後の15分間は、涙を止めるのが不可能です。良い映画でした。詳細はこちら⇒ 「私の研究日記(映画編)」
Home | Category : 映画 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/05/31(Sat)

大キナ鯨ガ出迎エテクレル!?

 週末の土曜日です。やはり、例によって雨が降っておりますねー(^_^)。




 さて、最近、仕事の関係で元職場に直々出入りしております。昨日は、帰りに元同僚のN氏、K氏、Eくんと私の4人で、食事をしに行きました。

 場所は、御茶ノ水駅前サンロイヤルビル3階、「杏庵」というお店です。




 魚を使った創作料理が色々と楽しめる店。

 料理もさることながら、この店の面白いところは、店のあちこちに魚介類のオブジェ照明が置いてあるところですw(゚o゚)w。




 こちらは、分かりますか?タコです。




 で、大迫力だったのが、こちら。鯨です。店の入り口をくぐると、この大きな鯨が出迎えてくれます。料理の方も、鯨を使った料理はメニューが豊富でした。
 



 この他にも、テーブルとテーブルを区切るパーテーションが、うにをモチーフにしたオブジェ照明だったり、草花が描かれた行灯が飾られていたりと、見るだけでも十分楽しめるお店でした。もちろん、料理も美味しかったです(^○^)。

 ただ、私はジョッキを一杯空けた辺りから、急に激しい咳と軽い呼吸困難で、話すことすらままならなくなったため、早めに帰宅することにしました。楽しく終電まで飲んでやろうと意気込んでいたので、残念でなりません(T_T)。

 家に辿りつく頃には、咳も収まり呼吸も落ち着いたため、とりあえず無事帰宅することができました。
 
Home | Category : Food&Drink |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/05/29(Thu)

中吊り広告もお祝い!?

 本日、大学院の授業が終わった帰宅途中。錦糸町から乗り込んだ総武線快速電車で、かわった中吊り広告を見つけましたw(゚o゚)w。


Home | Category : 発見 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/05/28(Wed)

ボリューム満点!秋葉原「チェルシー・マーケット」

 昨日は、週末の天気の悪さなど、どこ吹く風というような良い天気。朝の通勤時、近所の公園を通ってみましたが、木漏れ日がとても心地よかったです(^○^)。







 ですが、その爽やかさも、朝の数時間だけ。日中は、夏日となりました。暑かったです(;´Д`A ```。

 火曜の研究所勤務を、たまたま昨日は早く抜けることができたため、秋葉原まで買い物に出かけました。研究室で使用しているノートPC用のマウスを買うためです。

 ヨドバシでおニューのマウスを購入し、さあ大学に戻ろうかと店の外にでましたが、暑い。外に出た瞬間に汗が噴き出します(;´Д`A ``` 。すっ涼みたい・・・。

 アキバには、気になる喫茶店が結構あるのですが(決してメイドさんがいるような店ではありませんよ)、その内の一つ、アトレヴィ秋葉原(ヨドバシのすぐ隣のビル)の2階にある「チェルシー・マーケット」に行ってみることにしました。
 



 レンガの赤壁がお洒落だなーと以前から思っていた店です。夜はお酒がメインになるらしく、カウンター奥の壁には、ウイスキーやスコッチなどの酒が並んでいます。




 昼間のメニューは、ハンバーガーが中心。メニューにはおいしそうなハンバーガーが色々と紹介されております。

 ただ、ちょっとボリュームがあり過ぎるので、今回はケーキセットを頼むことにしました。

 このセットでは、ミルククレープ、りんごのシブースト、チョコシフォン、NYチーズケーキ、本日のケーキ(バナナクリームシフォン)という5種類と、各種コーヒー・ティー(マンゴーティーなど変わったものもありました)の中から、一つずつ選ぶことができます。
 
 私が頼んだのは、本日のケーキとコーヒー。

 ハンバーガーでは多すぎるという理由で選んだケーキセットでしたが、運ばれてきたバナナクリームシフォンも、十分ボリュームがあります。バナナクリームは甘すぎず、さっぱりとしていて、なかなかのお味でした。これだけひたすらなめつづけても良いぐらいです。



 ちょっと小腹を満たすつもりが、すっかり腹を膨まして、大学へ戻りました。

 少し値段が高めですが、このボリュームなら当然の価格といえそうです。腹が空いている時なら、ちょうど良いかもしれませんね(^_^)。

Home | Category : Food&Drink |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/05/27(Tue)

岡田斗司夫『オタクはすでに死んでいる』を読みました。

 『オタクはすでに死んでいる』(新潮新書)を読みました。

 筆者は岡田斗司夫。かつて東大で「オタク文化論」の講義を行い、自ら「オタキング」を名乗るオタク界の権威のような人です。サブカルチャーに詳しい研究仲間などが、筆者の名前をよく話題にすることがあったので、前々から気になっている人ではありました。

 先日たまたま立ち寄った本屋で「お薦め」と紹介されていたのと、異様なタイトルに興味を引かれて読んでみました。

 筆者によれば「オタクの死」とは、オタク文化と共同体の崩壊を意味しますが、これがまじめに分析され論じられており、なかなか面白い本でした。

 また、「オタク人口と市場規模」の話や、「少年マガジンの変遷と日本人の変化」と話などは、こネタとしても使えそうです。


Home | Category : 読書 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/05/26(Mon)

美味しいパンを頂きました「エスプリ・ド・ビゴ」

 先週の話になりますが、先日、元職場の同僚RさんとNさん、私の三人で食事に行ってきました。

 東急東横線自由が丘駅で待ち合わせたわれわれ3人が向かったのは、「エスプリ・ド・ビゴ」というベーカリーカフェです。

 駅前でもらったマックコーヒーを飲みながら、歩くこと約10分。やがて、下の絵の看板が見えてきました。




 この方は、フィリップ・ビゴさんというフランス人で、この店の母体である「ビゴの店」を立ち上げた方だそうです。日本では「パンの神様」とも呼ばれる方のようで、レジオン・ドヌール勲章というフランス最高の勲章をお持ちだとか。なかなかすごい方のようですね。

 この店は、1階がパンの販売、2階がカフェとなっております。店に入ったわれわれが2階へ上がって行くと、パンの香ばしい匂いが漂ってきます。

 2階は、木目調の部屋となっております。壁際に本が飾られていたり、開け放たれた窓の外にはテラスもあり、ゆったりとして心地良い雰囲気。流れるシャンソンの曲が、部屋の雰囲気にマッチしており、一層心地良くしてくれました。といっても知っている曲は、映画『紅の豚』の「さくらんぼの実る頃」ぐらいしかありませんでしたが・・・((^┰^))ゞ 。
 それにしても、混んでいるかと思いきや、それほどでもないことにほっとしました。

 中央の大テーブルには、所狭しと色とりどりのパンが並べらています。



 この日はちょうどバイキングを行っている日だったので、大テーブルのパンやケーキ、紅茶とコーヒーを時間の限り好きなだけ飲み食いすることができました。メレンゲを食べたのは初めてでしたが、なかなか美味。やみつきになりそうです(。-_-。)。





 
 惜しむらくは、数時間前に食事をしてきたこと。3回ほどおかわりをすると、お腹がもう一杯です。Nさんもどうやら同じようです。Nさんと私が早くもギブアップした後も、食事を抜いてきたRさんが、せっせとおかわりしているのが印象的でした(^_^)。

 自由が丘に来るのは、今回が初めてということもあり、私はちょっとした旅行気分。楽しくおいしい食事会となりました(^○^)。




Home | Category : Food&Drink |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/05/25(Sun)

「週末ゴトニ雨ガ降ル?」ノ真相

 今日も雨。



 そういえば、最近、タクシーや電車の中、駅の喫煙所や職場など、至る所で「最近、週末ごとに雨が降るよねー」というような言葉を耳にします。私自身、5月に入ってこのような会話を何度したか分かりません。ですが、そのような気は確かにするものの、最近週末ごとに雨が降っているというのは、本当なのでしょうか?
 早速、気象庁のホームページから千葉市の4月と5月の気象データを検索し、調べてみました。

 調査結果は次の通りです。




 上の表は、4月と5月の第1週目〜第4週目の週末(土曜、日曜の全16日)ごとの天気と降水量を整理したものです。雨が降った日を青く塗りつぶしております。

 ご覧のように、4月と5月の週末全16日のうち、雨が降った日は8日。週ごとに見ていくと、全8週のうち、雨が全く降らなかった週末は、4月の第1週と5月の第3週だけだったんですね。週末ごとに天気が悪いというのは、単なる実感ではなく、客観的データで見ても間違いなさそうです。
 
 いやー、理屈っぽいですね。失礼しましたm(__)m。
Home | Category : 発見 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/05/25(Sun)

政治の仏の顔と鬼の顔を考えさせられる『スミス都へ行く』

 前回の記事で休日を利用して『それでも私はやっていない』を鑑賞したことを記しましたが、今日はもう一つ観た映画があります。『スミス都へ行く』です。

 この映画は1939年にアカデミー賞原案賞を受賞した作品。もちろんモノクロ映画ですが、文句なしの面白さでした。観終えた後に、これほど爽快な気持ちになる映画は、ここ最近なかったように思います。良い映画でした。⇒私の研究日記(映画編)

 ちなみに、この映画はアメリカの議会政治を風刺した映画です。先の『それでも私はやっていない』と合わせ、今日は、図らずも映画で政治を勉強するという一日になりました。
Home | Category : 映画 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/05/25(Sun)

国家とは何かを考えさせられる『それでもボクはやっていない』

 今日は久々にどこにもいかず、のんびりと自宅で過ごしました。

 たまたまケーブルテレビで放映されていた『それでもボクはやっていない』を鑑賞。

 国家は正統な物理的暴力行使を独占するとした、ウェーバーの言葉を体現するような、政治学のテキスト的映画でした。⇒私の研究日記(映画編)
Home | Category : 映画 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
  1. 無料アクセス解析