• カレンダー

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

  • プロフィール

    モッサン

    Author:モッサン
    タイトルは夏目漱石『草枕』の一節。ここは、本業である研究以外の日頃の活動、出会った人々、読んだ本、見た映画などなどをご紹介するブログです。

  • 検索フォーム


2008/02/28(Thu)

都電荒川線と軌間

 今日は出張で荒川区へ行って参りました。インタビュー調査のための出張で、今日で2度目となります。

 画像はその際に使った都電荒川線ですが、路面電車などほとんど使う機会がないので、思わずはしゃいで撮った画像です。

 一緒に出張した博学のN氏によると、荒川線の軌間(線路の幅)はJRの軌間よりも広いとのこと。本当かなーと疑いつつウィキペディアで調べてみると、確かに彼のおっしゃる通り。荒川線の軌間は1372mm、JR在来線は1067mmでした。

 面白いので(そう感じるのは私だけでしょうか)、他のも調べてみると、国内の鉄道で最も軌間が広いのは新幹線や地下鉄で1435mm。都電荒川線はJR在来線よりも新幹線などの軌間に近いようですね。ちなみに、1372mmという軌間(荒川線の他に、京王線、世田谷線、都営地下鉄新宿線なども)は、かつての東京の馬車鉄道の幅に由来し、日本独自のものだそうです。


都電荒川線

Home | Category : 発見 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


コメント ▼

    

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

Home Home | Top Top
  1. 無料アクセス解析