• カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

  • プロフィール

    モッサン

    Author:モッサン
    タイトルは夏目漱石『草枕』の一節。ここは、本業である研究以外の日頃の活動、出会った人々、読んだ本、見た映画などなどをご紹介するブログです。

  • 検索フォーム


2009/10/07(Wed)

50分待ちのかりんとう!

 9月28日のブログに鎌倉へ行ったときのことを書いているが、鶴岡八幡宮を詣でた後はそそくさと駅へと戻った。のんびりとあちこち見て回りたいところだったが、そういうわけにもいかず。この日は、実家から弟夫婦がやって来るということで、夕方から千葉の姉の家に集まることになっていたのだ。後ろ髪引かれながらも、横須賀線に飛び乗り東京へと向かったのだった。

 横須賀線は東京駅を過ぎると総武線快速となる。そのまま乗って行けば千葉に向かうこともできるのだが、いったん東京駅で下りることにした。お土産を買うためである。

 向かった先は東京駅駅ナかのGRANSTA。友人からGRANSTAにある「日本橋錦豊琳」のかりんとうが美味しいと聞いたので、お土産として買っていくことにしたのだ。

 東京駅はよく利用するが、GRANSTAへは余り来たことがない。地下改札からそのまま大丸に出るときなど、通り抜けたことが何回かあるという程度である。どこにどういう店があるのかさっぱり分からない。というわけでまずは地図を見て、錦豊琳の場所を確認した。銀の鈴広場の正面だ。GRANSTAができて、銀の鈴はどうなっちゃったんだろう?と思っていたが、ちゃんと残っていたのか。ちょっとうれしかった。

 場所を確認して、錦豊琳に向かって行くと、途中ものすごい行列ができているのを発見。

 



 何だろう?と思ってみてみると・・・





 錦豊琳でした(笑)。

 って5、50分待ち・・・?。

 兄弟たちよすまない。50分は待てそうにない・・・。

 と0.5秒で判断し諦めることにした。結局、GRANSTA内の酒屋さんで泡盛を買い、それと職場用に買っておいた鎌倉土産を姉宅へのお土産にすることにした。じゃー職場へのお土産は?という突っ込みは入れないで欲しい(笑)。

 かりんとうを買うことができなかったのは残念だが、その日の晩は兄弟たちとの楽しい一時を過ごすことができた。兄弟たちと酒を飲むのはやはり楽しい。

 それにしても50分も待たされるかりんとうって一体どんな味なんだろう?いまだ未確認である。どなたか私におみやげとして買ってきてくれないだろうか。
Home | Category : Food&Drink |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


コメント ▼

    

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

Home Home | Top Top
  1. 無料アクセス解析