• カレンダー

    11 | 2017/12 | 01
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

  • プロフィール

    モッサン

    Author:モッサン
    タイトルは夏目漱石『草枕』の一節。ここは、本業である研究以外の日頃の活動、出会った人々、読んだ本、見た映画などなどをご紹介するブログです。

  • 検索フォーム


2009/10/17(Sat)

今がシーズンです!

タチアオイ(小石川植物園、2009年6月20日)



 今月は秋の学会シーズンということで、毎週のように首都圏を始め全国各地で、いろいろな学会が開催されている。

 そもそも学会なるものに馴染みがないという人が多いと思うが、簡単にいうと、研究者や研究者を志す人たち、あるいは特定の研究分野に関心のある人たちが研究成果を報告したり交流するための場が学会である。例えば経済学なら、日本経済学会をはじめ、経済理論学会、経済学史学会というように、研究分野によっていろいろな学会がある。

 5月と6月、10月と11月になると各学会が研究大会を開くので、大会会場には全国からその道の研究者が集まってくる。まさにこの時期は、毎週末ごとに日本中の研究者たちの民族大移動が起きているのである。

 私の研究分野も、今月は毎週のように関連する学会の研究大会が開かれており、先週は千葉県某市と都内で開かれた2つの学会に参加し、昨日金曜日は新潟県某市で開かれた某学会のシンポジウムに日帰りでに行ってきたばかりである。この世界は狭いもので、先週ある学会でお会いした人と今週別の学会でお会いしたりした。

 昨日面白かったのは、行きの電車の中で別件でメールのやり取りをしていた後輩のI君が、実は同じシンポジウムに参加するため、私の一本前の新幹線に乗っていたこと。同じようなことを研究しているわけだから、こういうことがあってもおかしくはないのだが、電車の中という場をわきまえず思わず噴出してしまった。シンポジウムの後、I君と米どころ新潟の料理を堪能した。これも学会の醍醐味の一つである。

 昨年までは、塾講師の仕事が毎週末あったので、学会にはほとんど参加することができなかった。でも今年は上手い食事にありつくため、というわけではないが、知的刺激を求めるべくできるだけいろいろな学会に参加しようと考えている。というわけで来週は静岡に行く予定だ。
Home | Category : 雑記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


コメント ▼

    

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

  • No Title

    シンポではお世話になりました。
    正直、シンポの内容はいまいちでしたね。

    翌日の長岡技術科学大学の研究報告の方が、
    内容が良かったです。

  • こんばんは

    Iさん今晩は。

    技科大の方が面白かったですか。あらかじめ予定に入れておけば良かったな〜、と後悔しております。まぁ、夜の居酒屋が良かったので、それなりに満足して帰りました。また飲みましょう!

Home Home | Top Top
  1. 無料アクセス解析