• カレンダー

    11 | 2017/12 | 01
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

  • プロフィール

    モッサン

    Author:モッサン
    タイトルは夏目漱石『草枕』の一節。ここは、本業である研究以外の日頃の活動、出会った人々、読んだ本、見た映画などなどをご紹介するブログです。

  • 検索フォーム


2009/11/12(Thu)

大丸ミュージアム『古代カルタゴとローマ展〜きらめく地中海文明の至宝』

 かれこれ1ヶ月も前のことになってしまったが、10月の始めに大丸ミュージアム東京の『古代カルタゴとローマ展〜きらめく地中化文明の至宝』に行って来た。

 カルタゴといえば、古代地中海世界を代表する都市国家。新興国家ローマとのポエニ戦争は、高校世界史最初の一大スペクタクルである。象部隊を率いるハンニバルのアルプス越え、スキピオの反撃、そしてカルタゴ滅亡と両雄の哀れな晩年・・・、などと想像するだけで興奮する部分だ。
 
 そんなポエニ戦争期からローマ帝国統治時代の間のカルタゴの遺物を展示した展覧会。

 カルタゴというと、ポエニ戦争の印象が余りに強いからか、同じ地中海国家のアテネやローマなどと比べて、何となく無骨な都市国家というイメージを持っていた。でも展示作品を見ると、それが明らかな誤解であることが分かる。

 象牙細工の繊細さや彫刻の優美さは、見ていて鳥肌が立ちそうなほど美しい。見所としてテレビでも紹介されていたモザイク壁画には圧倒された。考えてみると、カルタゴは古代地中海世界最大の海洋国家。エジプトやギリシャなどと盛んに交易を行ったはずであり、実際その文化的な影響が随所に見られる。カルタゴは、交易や戦争だけでなく、芸術的センスにも長けた国でもあったのだ。

 前の週に出かけた『トリノ・エジプト展』は、余りの混雑でほとんど作品を見ることができなかったが、こちらは逆に入り口で不安になるほど人が少なかった(早い時期に行ったからかもしれないが)。とはいえ、展示作品の質の高さは文句なしに素晴らしかった。東京での展示は終わってしまったが、今後も全国を回って行くようなので、近くで展覧会が開かれるようなら、ぜひ行ってみることをお薦めする。


 
Home | Category : 展覧会 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


コメント ▼

    

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

Home Home | Top Top
  1. 無料アクセス解析